「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?|今から変わろう!

「あの時やっておけば…

スポンサーリンク

「あの時やっておけばよかった。」

誰もが一度は思ったことがあるはず。

僕自身も何度も思ったことがある。

 

しかし、武藤 良英 さん、荒川 祐二さんの

この本を読んで、今から変わろうと決心した。

 

「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?

大学の友達に勧められてこの本を読んだが、

てっきり自己啓発本だと思っていたので

驚いた。

 

この本は作者の人生を元にした小説である。

高校も大学も普通、仕事も普通、

どこから見ても普通の男が

普通「で」いいと、それなりに幸せな

日常を送っている。

 

しかし、ある時不思議な現象が起きる。

10年前の花火大会で好きだった女の子に

告白しようとしている過去の自分に出会う。

主人公はパラレルワールドに迷い込んだ。

 

後に過去の自分が大学受験のため通い始めた

塾の代表が彼の人生を変えることになる。

 

過去の自分も現在の自分と同じく

普通「で」いい、と言った。

過去の自分が考えていた「普通」は

具体的にかかる金額を計算してみると、

現在の自分の収入では全然足りなかった。

 

このままではいけないと、

過去の自分は大学受験、

現在の自分は営業マンとして日本一になる

という目標に向かって走る…

スポンサーリンク


やるなら今しかない!

この本は名古屋が舞台になっている。

僕も地元が名古屋なので読んでいる中で

とても場所のイメージがしやすかった。

 

営業マンとして働いている主人公の行動は、

現在就職活動をしている僕の「営業」という

仕事に対する考え方を変えてくれた。

営業ってかっこいいなぁ、と思った。

 

 

 

いつ何が起こるかわからない。

 

今日死んでしまうかもしれない。

 

だったら1日も無駄にできる日はない。

 

 

大きな夢に向かって、今動こう。

 

「あの時やっておけばよかった。」

 

と言わなくてもいいように


PAGE TOP