TOEICテスト実力アップのテクニック 中川徹・著 を読んだ!

僕は現在大学3年で、2016年3月から就職活動が始まる。

 

一人で海外旅行に行った経験を就活で活かしたいと考えているのだが、

 

英語が得意であることを証明するには目に見える結果が必要だ!と僕は考えた。

 

 

そこでTOEICテストで700点以上取ることを目標にして、

 

2016年1月31日のTOEICテストを受験することにした。

まずは敵を知れ!

僕は以前試しにTOEICを受験したことが1度あるが、

 

あの時はほとんど勉強もせずに挑んで、

あぁ、こんな感じのテストなんだぁ。で終わった。

 

ちなみに990点満点中455点でした。

 

 

今思えば、受験料をほとんどどぶに捨てたようなものだw

 

しかし、700点という目標を掲げたからには、

 

そのために何を勉強すればよいのか

 

どの程度の難しさの問題を解けるように

しなければいけないのか

 

どれくらいの時間配分で解けばよいのか、など

 

単語帳を開く前に、TOEICテストの研究が必要である。

 

大学受験とは形式も違えば、出題内容も、頻出単語も違うのだ。

 

そこで僕はこの本を手に取った。

 

スポンサーリンク



 

TOEICテスト実力アップのテクニック

 

この本は参考書と呼ばれるような

 

単語や文法が書いてあるわけではない。

 

 

目標得点に沿って、おススメの参考書が紹介されていたり、

 

学生やサラリーマンに向けて、勉強時間の確保の仕方など

も紹介している。

 

僕が実践できそうだなと思ったのは

電車内での勉強法である。

 

座席に座れた時、

ある程度スペースがある状態で立っているとき、

満員電車の時、など

 

様々なシチュエーションで

何ができるのかを示していて、

 

時間の有効な使い方を紹介している。

 

スポンサーリンク



 

TOEICテストまであと1か月半!

 

僕はこの本を読んで自分に合った参考書を

 

Amazonで購入した。

(また今度紹介します。)

 

残り1か月半で、どれだけできるか。

 

この本を通して学んだTOEICテストの情報や

 

効率的な勉強法を実践して、

 

ぜひ700点以上獲得したい!

 

 


PAGE TOP