中華街のなんとも言えない廃れ感が逆に面白い件|ゴールドコースト観光情報

gc中華街記事

今回はゴールドコーストの中華街を紹介していきます。

中華街って世界のどこに行ってもありますよね?

僕が今まで旅行してきた

シドニー・ニューヨーク・ロサンゼルス

全てに中華街がありました。

 

中国人ってどこにでもいます!

生きる力が半端ないですw


オーストラリア旅行記事はこちら

アメリカ旅行記事はこちら


今回は、俺的GC観光マップ ぽん助さんの記事で
ゴールドコーストにも中華街があることを知り、
実際に行ってみました。

参考にした記事はこちら↓
サウスポートのチャイナタウンwww ゴールドコースト

 

それでは紹介していきます。

人がいなくて暗い中華街

ゴールドコーストの中華街と聞いてもピンと来ないですよね?

僕が旅行前にいつも購入する有名なガイドブック、

地球の歩き方にも載っていませんでした。

 

場所は、トラム(G:link)のSouthport Station から

歩いてすぐの所にあります。

G:linkについてはこちらの記事で紹介しています↓
ゴールドコースト観光に欠かせないトラムの乗り方と、絶対にしてはいけないこと

 


夜7時半頃の夕食時に行ったのですが、

まず暗さと人の少なさに驚かされました。

 

本当にここで合ってるのかな?と

不安になるほどです。

写真からも分かると思いますが、

中華をイメージさせるようなお店がありません。

観光客らしい人もほとんどいませんでした。

 

そして、近くで写真を撮って気づいたのですが、

何故か「和」の文字が(笑)

謎多き中華街です…

スポンサーリンク


ポツンとそびえ立つ孔子の像

門から少し奥に進むと、有名な孔子の像が

立っていました。

全然汚れていなくてキレイです。

そして近くにはこんな石碑が。

これを見ると2015年1月23日と書いてありますので、

建てられてまだ1年ちょっとしか経っていません。

だからこんなにツルツルでキレイなのか。

 

飲食店もまだまだ少ない

辺りを散策してみましたが、営業している飲食店は

3、4店舗だけ。

中をのぞくとお客さんは中国人らしき人ばかり。

現地に住む中国人が食べに来ている感じです。

 

僕たちは中華料理を食べたかったのですが、

あまりいい印象ではなかったので

中華街で食事を摂るのはやめておきました。

 

これから数年かけて開発していくのか?

中華街の中にはマッサージ屋やカラオケ店なども

ありましたが、なんせ人がいないので営業しているのか

分からない状態の店ばかりでした。

当時、孔子の石像が建って1年以上経過していましたが

とても中華街と言える状態ではありませんでした。

これから何年かかけてよくある中華街のように

変化していくかもしれません。

 

とても計画通りに進んでいるとは思えませんが…

 

まとめ

今回は、ガイドブックに載っていないゴールドコーストの

中華街について紹介してきました。

 

2016年2月現在、孔子の石像と大きな門が建てられている

だけで、雰囲気はまだ中華街とは言えない状態です。

 

これからゴールドコーストに行くという方は、

開発が進められているかもしれませんので

ぜひ行ってみてください。

 


「こんな物ができてたよ!」っていう物があれば

僕のtwitterまたは、facebookまで!


PAGE TOP