ゴールドコースト観光には”go explore card”を利用しよう!|ゴールドコーストの交通機関

go_explore_card

スポンサーリンク

ゴールドコーストの公共交通機関

Translinkの概要

ゴールドコーストの交通機関はTranslink

管轄しています。Translinkはクイーンズランド州

全域を管轄しているので、バスやライトレールが

全て共通の料金システムです!

また、料金はゾーン制で、目的地まで何ゾーン進むか

で料金が決まります。

ゴールドコースト地域のゾーンは

ゾーン10〜18の9ゾーンに分かれています。

具体的な運賃はこちら

よく慣れている○駅から△駅まで☆円という制度

ではないので分かりにくいのか、それとも

大胆で分かりやすいのか…..

観光にオススメな go explore card!

ゴールドコーストの公共交通機関には

go card・go explore cardという

日本のSuicaのようなチャージ式スマートカード

があります。

go card

go cardは、数日間にわたり、公共交通機関

を利用する人向けのカードです。

発行手数料として$5、

デポジットとして$10必要です。

 

go cardを使うと通常料金より約30%OFF、

さらに平日の8:30-15:30、19:00-翌3:00、

土日の前日はオフピークとなり約40%OFFになります。

 

さらに月曜を基準にして9度利用すると

以後7日目の日曜まで何度利用しても無料

になります!

 

個人的にgo card は4〜5日以上滞在される方におすすめです。

 

スポンサーリンク


go explore card

go explore card は、サーフサイドバスと

ライトレールの1日乗り放題カードです!

 

ゴールドコースト観光を満喫するための

移動手段としては、サーフサイドバスと

ライトレールで十分網羅できます。

 

料金は大人$10子供$5

go explore cardは1日単位でのリチャージ

のみ可能です。つまり、1日乗り放題カード

としての機能のみで、go cardの機能はないので

注意が必要です!

 

今回の旅行では3日間の滞在で、3日共

go explore cardを利用しました!

3日以内の観光には

go explore cardがオススメです!

 

go explore cardをオススメする理由

go explore cardは空港から、

サーファーズパラダイスへの移動にも使えます!

僕は、空港インフォメーションで

go explore cardを購入して、バスと

ライトレールで宿泊するホテルまで移動しました。

 

成田ーゴールドコーストの便は

朝着なので、滞在初日はあと1度バスか

ライトレールを利用すれば元が取れます。

関連記事↓

ジェットスター国際線エコノミーレビュー

 

次回は、ゴールドコーストのバス・ライトレール

の乗り方を紹介します。


PAGE TOP