ゴールドコースト観光に!|サーフサイドバス利用方法

ゴールドコースト_バス

スポンサーリンク

ゴールドコーストの路線バス、サーフサイドバス

サーフサイドバスはTranslinkが運営する

ゴールドコーストを走る路線バスです。

北はドリームワールド、南はクーランガッタ

までゴールドコーストの海岸線を繋いでいます。

今回はサーフサイドバスの利用方法を

紹介します。

 

go card・go explore cardで乗る場合

ゴールドコーストの観光では

毎回乗車券を買ってバスを利用する

方は少ないと思うので、スマートカード

を利用したバスの乗り方から紹介します。

 

go card・go explore cardに関する

詳しい情報はこちら↓

ゴールドコースト観光には”go explore card”を利用しよう!|ゴールドコーストの交通機関

 

乗車時

バスは、前方・後方2箇所にドアがあります。

乗るときは前からです。

 

上の写真にあるTranskinkのマークが書かれた

丸い箇所にgo cardまたはgo explore cardを

タッチします。

 

運転手さんに軽く挨拶をして

乗車します。

 

サーファーズパラダイスを離れると、

平日の昼間は貸し切りなんてことも(笑)

 

座席の雰囲気は日本と変わりありません。

 

 

降車時

降車時は後方のドアから降ります。

乗車時同様、go cardもしくは

go explore cardをかざします。

 

すると小さくて分かりにくいですが液晶画面に、

go cardであれば残りのチャージ金額、

go explore cardであれば残りの日数が

表示されます。

 

運転手用のルームミラーごしに

Thank you!!なんて言うと

カッコいいかな?w

 

スポンサーリンク


シングルチケット(乗車券)を購入して乗る場合

乗車時

シングルチケットを購入してバスに乗る場合、

まず運転手さんに行きたい場所を伝えます。

すると料金を教えてくれるので

お金を払いましょう。

 

このとき小銭や金額の小さい紙幣を

余裕を持って多めに持っておきましょう。

$50札や$100札を出すと追い払われる

こともあるそうです。

 

お金を払うと紙のチケットが発行されます。

 

降車時

シングルチケットの場合、

降車時はそのままバスを降ります。

 

ちなみにゴールドコーストの公共交通機関は

ゾーン料金なので、このチケットだけで

ライトレールに乗ることもできます。

 

上の写真のチケットでは、Cavill Avenue Stationから

Broadbeach South Stationまではライトレールを、

Broadbeach Southからクーランガッタ空港までは

バスを利用しました。

 

帰国時にサーファースパラダイスから

クーランガッタ空港までライトレール、

サーフサイドバスを利用される方は参考にして下さい。

 

Broadbeach South から空港へ行くバスは

行きも帰りも2階建てでした!

 

思いキャリーバッグを運ぶのはキツかった

ですが、眺めが良いのでオススメです。


PAGE TOP