ゴールドコーストのローカルな動物園、デビッドフレイ・ワイルドライフパークに行ってみた|ゴールドコースト観光情報

DF_wildlifepark

 

今回はデビッドフレイ・ワイルドライフパークを紹介します。
観光客が行くゴールドコーストの動物園といえばドリームワールドというイメージがありますが、今回行ってきたデビッドフレイ・ワイルドライフパークは現地の人が行くようなローカルな雰囲気でした。日本にはないような大自然の中にある動物園です。

 

関連記事はこちら↓

Q1スカイポイントをナメている全ての人たちへ|ゴールドコースト定番観光スポット、Q1スカイポイント展望台に行ってみた

ゴールドコーストのおすすめ両替所|オーストラリア観光では現地の両替所を利用しよう!

 

 

デビッドフレイワイルドライフパークとは

デビッドフレイワイルドライフパークは、バーレイヘッズ国立公園に隣接していて、ユーカリ林・湿地帯・熱帯雨林・マングローブの4つのオーストラリアの代表的な自然環境を再現しています。

ボードウォークを歩いて園内を一周できるようになっていて、
コアラ(今回は見れませんでした)、カンガルー、ウォンバット、エミュ、クロコダイルなど様々な動物を見ることが可能です。

また、園内にある夜行性動物観察所では、カモノハシ、クォール、シュガーグライダー、ビルビーなど絶滅の危機に陥っている動物を見ることができます。
ちなみに夜行性動物観察所はお化け屋敷並みに真っ暗なので、入る時はちょっと怖かったです。

創始者のデビッドフレイ博士

この動物園の創始者であるフレイ博士は約50年前、世界で初めて人工的にカモノハシの繁殖に成功したことで有名な人物です。

スポンサーリンク


 

基本情報

住所:West Burleigh Rd. ,Burleigh Heads, 4220
電話番号:(07)5576-2411
営業時間:毎日9:00〜17:00
休園日:クリスマス(12月25日)全日、アンザックデー(4月25日)の午前中
Email::fleays@npsr.qld.gov.au
URL:http://www.nprsr.qld.gov.au/parks/david-fleay/index.html

 

アクセス

入場料(2016年7月現在)

大人:$21.50
子供(4〜7歳):$9.85
幼児(4歳未満):無料
家族(大人2人と子供4人まで):$54.90

 

入り口まで行くだけで疲れる!?

今回は、サーファーズパラダイス中心部からバスを使って行きました。
756のバス停で降りて、動物園の看板が見えるまで300mほど歩きます。
この時大きな道路を横断しなければいけないので、車に気をつけてください。

看板は見えても、本当にここが入り口なの?っていう感じで、
歩いて入ってもいい道なのか分からないです。
おそらく車で来る人がほとんどです。
大きな看板が見えてから5分ほど直進するとようやく駐車場が見えてきて、
そこが入り口になっています。
ここまでで疲れてしまう人もいるかもしれません。

次に管理棟に入って入場料を支払います。その時に園内の地図とショーの日程が書かれた紙をもらえるので要チェック。管理棟にはカフェやお土産売り場もありました。

 

 

珍しい動物がたくさん!

デビッドフレイ・ワイルドライフパークはオーストラリアならではの動物が沢山います。
夜行性動物観察所にはカモノハシがいたのですが、暗すぎて写真に上手く映りませんでした(泣)

カメレオン?

 

そして、カンガルーやワラビーがいるエリアは、柵の中に入ることができます。
当時はとても暑かったのでカンガルーは休憩中でした。

ワラビーはカンガルーのミニチュアバージョンって感じでかわいかった。

 

それから、数えきれない種類の鳥たちがあちこち飛び回っています。
日本では見ないような大きい鳥もいて、通路に止まった時は少し怖かったです。

 

スポンサーリンク


 

「Crocodile Talk」に参加してみた

僕たちは午後1時から始まる「Crocodile Talk」に参加してみることに。
集合場所のクロコダイルがいる池の周辺で待っていると、飼育員の男性がやって来ました。
ちなみに見学者は僕達と、おそらく地元住民であろう夫婦、合計2組4人です(笑)
平日だったのもありますが、お客さんは園内に10人もいないくらいでした。
そして、飼育員さんのクロコダイル・トークがスタート。

 

ここで問題が…

飼育員さんが早口すぎる&イギリス英語のクセがすごい…

何度か海外旅行を経験しているので耳は鍛えられているはずですが、
クロコダイル・トークは8割以上理解できずに終わってしまいました…

その後は、飼育員さんがエミュがいるところに連れって行ってくれました。
そこでは、エミュに水を浴びさせるということでホースを渡され、
僕達はエミュのシャワーをするという貴重な体験ができました。

 

結局、言葉はあまり理解できなかったけどとても親切な飼育員さんでした。

ショーはクロコダイル・トーク以外にも時間によって色々ありますので、

受付でもらえる紙をチェックして、時間に合わせて集合場所へ行きましょう。

帰りは管理棟に戻って外へ出ます。
カフェがあるので、少し休憩して帰るといいかもしれません。

 

まとめ

今回、デイビッドフレイワイルドライフパークを紹介してきましたが、僕は新感覚の動物園でした。自然が多く、柵も最低限しか無いので動物たちはより野生に近い形で飼われています。それにものすごいローカルな雰囲気があって、のどかな時間を過ごせますよ。サーファーズパラダイスのような繁華街をずっと観光している人は、息抜きに大自然を感じてみてはいかがでしょうか?ゴールドコーストへ旅行を予定している方はぜひ参考にしてみてください。


PAGE TOP