旅行ガイド

関西空港で野宿!国際線出発ロビーのベンチで毛布をレンタルして快適に過ごす

初めての空港野宿、ちゃんと横になれる場所はあるのか、また女性でも問題なく寝られるのかなど心配な方もいるのではないでしょうか?

安い航空券は早朝便や深夜便だったりと時間的に不便なことがよくあります。

関西空港は、野宿しやすい空港として有名で、横になれるベンチが豊富&毛布の無料貸し出しなど野宿大歓迎ムードです(笑)

本記事では、関空の中で寝やすい場所をいくつかの観点でご紹介します。

私が実際に泊まったベンチや毛布をレンタルする方法も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

【意外とイケる】旅ブロガーの海外空港泊レビュー&便利グッズ4選!サンフランシスコ国際空港深夜到着の飛行機や長時間の乗り継ぎで、空港泊を検討している方も多いと思います。 私も海外に行く時は、深夜到着になっても値段を重視し...

結論:関空泊におすすめの場所は4F国際線出発ロビー

結論から言いますと、関空の野宿は4階国際線出発ロビーのベンチがおすすめです!

良いところ

  • ベンチが平らで寝やすい
  • 広さの割に人が少ない
  • 天井が広く開放感がある
  • 人通りが少なく比較的静か
  • 充電スポットが近くにある

悪いところ

  • 早朝から動き出す人が多い
  • 毛布の返却場所が遠い



まずは毛布をレンタルするためエアロプラザへ

まず寝床を探す前に毛布をレンタルするため、エアロプラザへ向かいます!

参考:フロアマップ _ 関西国際空港

フロアマップを見ていただければ分かりますが、エアロプラザは駅を中心にして空港ターミナルの反対側にあるので、電車で空港に来られる方はそのままエアロプラザに向かってもいいかもしれません。

空港・駅から連絡通路を通ってエアロプラザに入るとそこは2Fです。マップを見て混乱しないようにしてくださいね。

ちなみに1階はレンタカー受付と第2ターミナル行き無料シャトルバス乗り場です。

入ってすぐ目立つ場所に「シャワールーム」「待合スペース」と書かれた看板があります。

毛布レンタルの受付は「待合スペース」で行っていますので、まっすぐ奥に進んで左側に向かいましょう。

正面からは少し分かりにくいのですが、奥のエスカレーターの裏にあります。

私も最初は分からずウロウロしていました(笑)

名前を書くだけで簡単に借りることができます。この毛布貸し出しは外国人の方も多く利用されていました。

毛布の貸し出しは無料です!

時間は23:00〜翌6:00と決まっていますので早起きして返却しましょう!

ここの待合スペースにも寝られるスペースがたくさんありますが、ここはザ・仮眠室という感じで空気がモワッとしていて私には向いていませんでした。


4階の国際線出発ロビーへ向かう

毛布を借りることができたら、寝床を探すため空港ターミナルに戻ります。

今回私はエアチャイナ(中国国際航空)に乗るので第一ターミナルの南ウイングへ。

機内食がまずいはウソ!【中国国際航空】国際線エコノミー3食分レビュースカイスキャナーやトラベルコちゃんで海外航空券を安い順で探していたら、中国国際航空のチケット安すぎっ!と思ったことがある方も多いでしょう...

2階の国内線フロアはコンビニやファストフード店が充実していて夜遅くでも食材調達が可能です。

私は人が少ないと噂の4階国際線出発ロビーへ向かいました!

空いているベンチを探して就寝

4階へ到着すると野宿している人がちらほら。外国人の割合が多い印象でした。

座る場所は選べるくらい十分空いていました。(11月初旬の平日)

そして借りてきた毛布をベンチに敷いて簡易ベッドが完成!

ここのベンチは座面にくぼみなどがないシンプルな構造で横になるには最適です。

バックパックは枕にして、大きいボストンバッグはベンチの脚にワイヤーロックをくくりつけ防犯対策もしっかりしておきます。

両方のバッグのファスナーにもダイヤル式ロックの鍵をかけてあります。

▼私が使っている鍵はこちら

▼大きな荷物をくくりつけるならワイヤー付きがおすすめ

 

個人的に人が多いのが苦手で、開放感がありベンチの間隔も広めにとってある4階国際線出発ロビーは私にピッタリでした。

起きたら毛布を返却

私のフライトは6:30からチェックイン開始と案内が出ていたので、5:30頃起きて毛布を返しに行きました。

貸し出しは6:00までとなっていますのでお忘れなく。

睡眠の質はというと…毛布があって横になれるとはいえ熟睡はできませんでした…。


まとめ:タフじゃないと熟睡は難しいがコスト重視なら十分アリ

私はベッドでしか熟睡できないタイプなので、しっかり休めるか心配していましたがまぁまぁ寝ることができました。

11月ということでそこまで寒くもなく、騒音や話し声で目覚めるということが無かったのでストレスはありませんでした。

夜行バスで爆睡できるタイプの人であればきっと熟睡できますよ。

治安面でも問題はなく女性1人でもまず大丈夫でしょう。日本とはいえ、貴重品はワイヤーロックや鍵を使ってしっかり守る必要があります!

もともと安さ重視で航空券を予約しているので、空港に無料で泊まれるだけでも嬉しいことですよね。

一度空港野宿にチャレンジしてみてこれは無理だと感じたら、次から昼〜夜出発の航空券を探すのが最善策だと思います。

一人旅はタフにならなければいけない場面が多々あるので、空港に寝泊まりするのはその入門編だと思ってぜひ挑戦してみてください!

ABOUT ME
タノウエトモヒロ
タノウエトモヒロ
筋トレ✕旅ブロガー/リスティング広告運用者 |細い体がコンプレックス→海外のマッチョ達に魅力を感じる→社会人から本格的に筋トレをスタート。 好きな時に好きな人と好きな場所で生きたい!
【無料】海外旅行プランの一括見積もり依頼

忙しくて旅行代理店に行く時間がない方や調べる時間がない方には、タウンライフ旅さがしの無料海外旅行プラン提案依頼がおすすめです!

まとめて複数の旅行会社に要望を伝えられるので、手間が少なくてすみます。また、航空券・ホテル・現地オプショナルツアーなどをまとめて予約できるので、面倒な予約やメールを最小限に抑えられます

せっかくの海外旅行、特別な時間を最高の思い出にしたい方は下のボタンをクリックしてお問い合わせしてみてください!

【無料】お問い合わせはこちら

こちらの記事もどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください